『猫も犬と同じくらいに忠実!?』

株式会社アズミラジャパン勉強会参照

”世話をしてくれる飼い主と猫が築く絆は、犬や人間の幼児に引けを取らない”

アメリカの研究者による、調査結果をまとめた論文が、学術誌『カレント・バイオロジー』に掲載されました。


調査は子猫70匹を対象に実施。

飼い主と馴染みの無い部屋で2分間の時間を過ごし、その後に2分間の時間は飼い主と引き離した上、また2分間の時間を掛けて再会させるという実験により、猫の飼い主に対する反応を見ました。


この結果、猫が再会した飼い主に対し、安心した様子を示した割合は約64%に至り、犬の約58%、幼児の約65%と類似の傾向を示したそうです。

成猫38匹を対象にして実験した割合も、同様であったそうです。


研究チームのオレゴン州立大学のクリスティン・ビターレ博士は、「猫も犬と同様に、社会的な認知能力を持っていることを示唆している。」と述べられています。


犬や猫は、飼い主を信頼して絆を深めようとしているのです。

少なくとも、彼ら彼女らの信頼を裏切らないような、正しい食生活を選んであげてはいかがでしょうか?


インターネットには、ペットフードに関する、煩雑に無信頼な情報も多く存在します。

また、無理解で軽はずみな情報が世間一般に出回ることも多々あります。


前回の当店マガジンでも掲載した通り、フードの選択を誤ると病気のリスクが極めて高くなるため、フードを原材料記載から厳選していただくことをおすすめします。



#猫

#飼い主に懐く

#猫は家に馴染む

#懐く動物

#猫の知能

#猫と犬の比較

6回の閲覧0件のコメント