『ペットフードの誤った選択によって、健康上の被害が発生』

更新日:8月18日

株式会社アズミラジャパン勉強会参照


【選択課題1:保存料】

ペットフードの原材料の記載に「BHA/BHT」「エトクシキン」と表示があった場合、保存料、着色料が添加されています。


その場合に懸念される病気の一つ目として、「肝臓病」「腎臓疾患」の罹患と、それによる「催奇形性(胎児に奇形が発生)」の誘発があります。この病気に強く起因する添加物は「BHA/BHT」であるとされています。


懸念される二つ目の病気は「アレルギー性皮膚炎」で、その要因はこれらの物質が「発ガン性物質」の一種である為とされています。


【選択課題2:過剰な高たんぱく質高脂肪】

あまり一般的な知られていませんが、正常な標準値を超えた商売優先のペットフードが多く市場に出回っています。


〈参照:当店Azmira®FAQページ 「なぜアズミラのナチュラル製品が必要とされるの!?」「なぜアズミラは独自の製品こだわるの!?」「アズミラと他メーカーのナチュラル製品との違いは何ですか!?」〉


正常な標準値を超えたペットフードにおいて、パートナーの食餌による病気が多く考えられます。

具体的には、「肝臓病」「腎臓疾患」「アレルギー性皮膚炎」「肥満体」「関節炎」「老化促進」「上皮性癌」「腎臓結石」「尿路結石」「てんかん」「急性膵炎」「白内障」「涙やけ」を罹患する傾向にあり、動作基準として”足を舐める”ことが増えるようになります。


『Azmira®が正常とする標準値』

犬:粗たんぱく質22%程度、粗脂肪8%、繊維質4%以下

猫:粗たんぱく質30%程度、粗脂肪12%、繊維質4%以下


犬や猫は皆さまの人生のパートナーです。

当然に、パートナーに与えるフードについても、誤った選択を避けたいものです。



#犬猫

#病気

#原因

#ドッグフード

#キャットフード

#餌

#BHABHT 

#エトクシキン

#肝臓病

#腎臓疾患

#ガン

#催奇形性

#腎臓病

#肝臓病

#アレルギー性皮膚炎

#肥満

#関節炎

#上皮性癌

#腎臓結石

#尿路結石

#てんかん

#急性膵炎

#白内障

#涙やけ